こうして私はお金の心配が全くない歯科医院開業をしました

旅行や外出時に「大丈夫、大丈夫」と。
どこにでもあるからトイレを借りたらいいよ。

はい、おわかりですね、コンビニの話です。

今やコンビニは社会のインフラと呼ばれ、
誰もが当たり前のように、どこへいってもあるのが前提となっています。

そして、先生もご存じのように、
そのコンビニよりも全国で1万件以上も多い歯科医院。

コンビニのノリでいけば、
患者さんからすれば、
「大丈夫、大丈夫、どこにでもあるから」
と選び放題の時代となりました。

夢を持って入学した歯学部
頑張って合格した歯科医師免許

しかし、

思わずびっくりの勤務医給与

やっぱり開業しかないと思って、下調べして知った現実の厳しさ。

知ってもらわないと、磨いた腕を患者さんに役立てることができない。

ピカピカ装備でいざ出発のはずが、、。

CTも準備した、
レーザーも準備した、
口腔内スキャナも準備した、
歯科ユニットも最新式を導入した、
ホームページも用意した
たくさんのチラシもまいた

これでたくさんの患者さんがくるはず。

ですが、そんな甘くはなかったというお声をたくさん聞きます。

少なからず聞きますではありません、

たくさん聞きます。

大手のメーカーや大手の材料屋さんに相談したら、
「最初はそんなものですよ、

時間がたてば、どんどん徐々にに患者さんは増えてきます。」
と答えますが、、、。

そもそも広告運用や広告の効果測定マーケティングをしたことない人に

相談したところで、わかるのでしょうか?
甚だ疑問です。

冒頭のコンビニの話で書きましたが、
歯医者さんは患者さんにとって、
どこにでもあるもののひとつです。

設備の話をされてもピンとこないでしょう。

料理屋さんで例えるなら
最新の厨房設備でお待ちしております。
当店のレンジは最新式です。
当店の店主は○○大学出身です。
当店は、お米の炊き方にこれだけこだわっています。
当店は○○飲食協会と○○飲食研究会に所属した料理長がおります。

と聞いたり、読んだりして、興味をもつでしょうか?

そこじゃないです、
となるのではないでしょうか?

CTも準備した、

えっ、歯医者さんてCTがあるのが普通なのじゃないの?
CTがなかったら、なにでレントゲン撮ってるんだろう?

ーザーも準備した、
レーザー?なにそれ?
歯を削るきゅいーーんの機械とは違うの?
電磁波とか大丈夫なのかなぁ?

腔内スキャナも準備した、
ふむふむ、歯型を取る機械なんだ、
便利な世の中になったなぁ、これからは3Dプリンタの時代っていわれるくらいだから
今までの手作業より、当然安くなってるよね!?

科ユニットも最新式を導入した、
最新のリクライニングの椅子があるんだ。
でも最新をアピールしているくらいだから、高い料金をチャージされそうだなぁ。

ームページも用意した
ていうか、今はホームページが看板だよね。
きれいなホームページじゃないと、いまどき怖いなあ、まあ、店(クリニック)の前にいってキレイじゃなかったら、そのまま帰ったらいいか。

くさんのチラシもまいた
へえ、近くに新しい歯医者さん、また、できたんだ、虫歯になったら行こう(忘れる)
近くにできたんだから、歯の手入れしてもらおっかな、そのうち(忘れる)
ホワイトニング流行ってるし、話だけでも聞きに行ってみようかな(忘れる)

開業で先生に必要なものは、
歯科医師同士でしかわからない商品ではなく

患者さんから見ての素晴らしい商品を揃えて
患者さんにみつけてもらうことです。

患者さんからみて素晴らしい商品が
先生にとって必要な商品なのです。

開業で先生に必要なものは、
歯科医師同士でしかわからない
商品ではなく

患者さんから見ての素晴らしい
商品を揃えて
患者さんにみつけてもらうことです。

患者さんからみて
素晴らしい商品が
先生にとって必要な
商品なのです。

(これはどんなビジネスや経済にとっても当たり前の話です。
例えば、パン屋さん。
パン屋さんにとっていい商品とは、お客さんが喜んでくれるパンです。
決して、パン屋さんのオーナーの趣味がお客さんやビジネス、経済にとって
いいものとは限りませんが、
お客さんが喜ぶものは、ビジネスにも経済にもいいことです)

患者さんにとって素晴らしい商品とは常にキレイに保たれた空間と機材と院長をはじめたとしてスタッフ全員の笑顔です。

キレイに保たれた空間と機材とは、
高額なものを指しているわけではありません、
患者さんは内装費や機材の価格に興味もなければ、関心もありません、
ましてや機能性やメーカーなど論外に興味がありません。
(散髪屋さんのハサミにも、大工さんの道具にもその業界特有のブランドがあります。
それに興味がありますか?
あるのは、その業界の人だけです。
それもモノタロウなどの通販の台頭で業界人も価格で決めるようになってきています)

930万円格安歯科開業パック

「お金の心配をなくす方法」

930万円格安歯科開業パックは当たり前の価格です。

何が当たり前なのか?

先生が開業されて、軌道に乗るために広告費をしっかり使い
地域の方に認知され、
気持ちのいい開業医ライフを満喫するために出せる価格として

当たり前の価格なのです。

930万円格安歯科開業パック以外で
歯科医院開業されると
どのようなキャッシュフローになるのかを
下記をご覧ください。

「なぜ、キャッシュフローが悪くなるのか?」

ここで先生にビジネス的な質問です。
企業が倒産するときはどのようなときかご存じですか?
赤字が続いたとき?
NO
患者さんからの人気がなくなったとき?
NO

答えはキャッシュ(お金)がなくなったときです。

赤字でも事業は倒産しません。ですが、
黒字でもキャッシュがなければ倒産してしまうのです。

「930万円格安歯科開業パック」の内容

  • 歯科ユニット×2
  • デジタルパノラマ×1
  • デンタルレントゲン×1
  • デンタルデジタルIPスキャナ×1
  • レセコン×1
  • コンプレッサー×1
  • エアードライヤー×1
  • バキュームモーター×1
  • 分離機×1
  • 電気メス×1
  • EMR×1
  • 超音波洗浄機×1
  • モデルトリマー×1

さあ、いかがでしょうか?

どこかの開業セミナーに行かれたことがある先生なら
びっくりする価格の違いではないでしょうか?

ですが、これが世界標準の価格設定です。

驚き価格ではないのです。

開業で先生が負担しなければならないのは、
器材代のみではありません。

  • テナント開業ならテナントの保証金
  • 分譲開業なら物件購入費
  • 内装費
  • 求人広告費
  • ホームページ作成費用
  • 広告宣伝費(リアル、ネット)
  • スタッフさんの給与
  • 材料費
  • 技工代
  • その他電気代などの水道光熱費
  • ご近所さんへのあいさつなどなど

必要なお金は機材以外でもたくさんあります。

また、将来的なことも考えなければいけません。

将来的なこととは、

先生が開業されて軌道にのれば、
近くに歯科医院ができる可能性が限りなく高いです。

その時に、古い機材のままだったら、
新しい医院さんに患者さんは流れるかもしれません。

患者さんが自院のことを知らないのは問題ありません。
アナウンス、要は宣伝の問題だからです。

ですが、機材が新しい医院の方がいいと考える多くの人が考える理由で
患者さんが他院へ流れたら、
それを取り戻すのは、ほぼ無理と考えたほうがいいでしょう。

ですので、
業界人だけがわかる大手メーカーの高額機材ではなく、
適正価格、廉価な機材で診療所を作るのは
生き残るために絶対にマストなのです。

そして先生と呼ばれるからには日々の研鑽も大切です。

経営重視で、医は算術とばかりにお金儲け主義にはなりたくない、と考えられる先生もいらっしゃることでしょう。

はい、そのような先生にも格安開業がオススメです。

業界の言いなりの価格で機材を揃えるのではなく、適正な価格で機材を揃え、研修会などの勉強代や出張費をふんだんに使える状態にしてください。

高額機材で、勉強も頑張るとなると先生の懐の負担は限りなく大きくなり、なんのための開業なのか、わからなくなるという怖い空虚感に襲われることになる可能性も少なくありません。

既にご開業の先生はこのようなことを考えておられます。

このままで、従来の情報のままで、安心した老後はもとより、子供や孫に自分がしてもらってきたようなことと同等かそれ以上のことをしてあげられるか心配。

いつ近所に新しい歯科医院ができるか不安。いつスタッフが休んだり、辞めたりするのかが、不安。

今まで通り、付き合いのある業者の情報だけで損をしていないのか疑問。銀行返済が終わったとおもったら、機械の入れ替え時期で、余裕資金をいつ貯めたらいいのか不安。

少子高齢化していく中でどのような生き残り戦略が必要かわからない。

人モノカネというリソースに心配のない生活をおくりたい。

医療人として一生懸命技術を磨いてきたのに、それよりもマーケティングのうまいひとに患者さんが集まるのはどうかと思っている。

自分は技術職とおもってきたのに、今更、経営者感覚と言われても自分のやることではない、と考えてしまう。

これだけ同業(歯科医師)が増えた中で患者さんの動向や同業の動向を知りたい。

新患数、自費率が下がった理由がわからない。